2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 珍しい方向幕(行き先幕)を見つけました~豊田車両センターまつり・こぼれ話~(H24.11.24) | トップページ | 梅小路蒸気機関車間の展示車両(その6)~【D52形蒸気機関車(D52-468)】~大阪・京都鉄道博物館めぐり・こぼれ話~(H24.3.18) »

2012年12月 1日 (土)

豊田車両センターに残る201系~豊田車両センターまつり・こぼれ話~(H24.11.24)

すでにJR東日本管内では引退した201系ですが、豊田車両センターに1両、現在も留置されています。平成24年11月24日に開催された豊田車両センターまつりに訪問した時、センター内にたたずむ201系も見てきました。

12112809

豊田車両センターに残る201系は「クハ201-1」、クハ201のトップナンバーです。車両前面の方向幕は「立川」。側面の方向幕は「通勤快速 大月」でした。ちなみに、この写真は豊田車両センター内から撮影したもの。つまり豊田車両センターまつりの開催日でしか撮影できないアングルです。

12112810

一方、こちらは豊田車両センターの北側にある一般道路から撮影したもの。201系は普段からこの場所に留置されているそうで、いつでも気軽に撮影することができますが、ご覧の写真には偶然にも左側奥にE231系800番台が写りこんでいました。E231系800番台が普段、豊田車両センターに顔を出すことはなく、この組み合わせも、豊田車両センターまつり当日にしか撮影できないものと言えるでしょう。

「豊田車両センターまつり訪問記の本編」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 珍しい方向幕(行き先幕)を見つけました~豊田車両センターまつり・こぼれ話~(H24.11.24) | トップページ | 梅小路蒸気機関車間の展示車両(その6)~【D52形蒸気機関車(D52-468)】~大阪・京都鉄道博物館めぐり・こぼれ話~(H24.3.18) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

新宿わかしおさん、こんにちは。

いろいろお手数をおかけしてようで、ありがとうございました。ウソ電の加工はまずまずの仕上がりのように見えますから、今後はご自身で撮影した車両を使用してウソ電を製作していただきたいものですね。

返信が遅れましてすみません。
そちらの写真のみ何故か無加工で、そのまま無断転載していました。
無断転載した本人に厳しく注意し、後に本人は「無断転載はしない」と反省しておりました。

では、失礼します。

新宿わかしおさん、初めまして。

情報提供ありがとうございます。


情報元のブログ見ました。ウソ電を作成したつもりはないのですが、なにかと間違えたのかしら??

失礼します、私は新宿わかしおと申します。
一番上の写真、嘘電投稿掲示板にて無断転載されていますよ。
http://bbs5.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=usoden&mode=uedit&no=2462

私の写真も、計4枚無断転載されました。
そちらの管理者は、不在のようです。

優さん、こんにちは。

201系は国鉄初の本格的な省エネ電車ですから、鉄道博物館への収蔵も考えられますね。

現状の201系は塗装も現役時と比べると、たいぶ色あせていて傷みも激しいようです。屋外留置はいつも車両を見ることはできますが、今後の展示を考えれば屋根のある屋内で大事に保存してほしい気持ちもあります。

えびす講は良い観覧ができたようですね。私は1年後を楽しみにしています。

taka110さん。こんばんは。
豊田車両センタ-に1両だけ残る201系先頭車ですがおそらく鉄道博物館に展示するために残しているのだと思います。この車両はトップナンバーなので保存価値が大きいと思われてこの車両のみ解体せずに留置されてきたのだと思います。
私も中央線で豊田車両センターの横を通過したときにはほぼ毎回目撃しています。

それと先週の長野えびす講煙火大会ですが心配していた雨も1滴も降らずさらには月も見えるくらい雲が薄くまた北西の風と絶好の花火日和でした。
今年も播州の澄みきった空に上がる数多くの花火を堪能することができました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 珍しい方向幕(行き先幕)を見つけました~豊田車両センターまつり・こぼれ話~(H24.11.24) | トップページ | 梅小路蒸気機関車間の展示車両(その6)~【D52形蒸気機関車(D52-468)】~大阪・京都鉄道博物館めぐり・こぼれ話~(H24.3.18) »