2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【西武】「西武鉄道創立100周年」記念乗車券が一時販売中止(H24.5.9) | トップページ | 【西武】9000系9007編成が【西武鉄道×京急電鉄】相互ラッピング電車に(H24.5.2) »

2012年5月10日 (木)

【西武】新101系271編成(池袋駅にて)~秩父の芝桜観覧記・こぼれ話~(H24.4.24)

今回は、平成24年4月24日のおはなし。

1979(昭和54)年にデビューした新101・301系も、30000系スマイルトレインなどの新型車両の置き換えが進み、徐々にその数を減らしてきています。私が通勤で使用している西武池袋線の本線で運用されている新101系は、8両編成の301系309編成と、2両編成の101系271編成のみとなり、この2つの編成がコンビとなり、10両編成として優等列車を中心に運転されています。

そのうち101系271編成は、平成21年に登場当時の塗装に復元。西武池袋線系統では1編成しかない復元塗装された車両は、毎日のように西武池袋線を乗車していてもなかなか出会う機会がありません。

しかし、平成24年4月24日に偶然にも309編成と271編成が連結して、10両編成で運転している急行に乗車することができました。

12042401

こちらが復元塗装された271編成。

12042402

参考までに、一般的な塗装の新101系も掲載しておきましょう。ご覧の写真は、平成24年5月4日、秩父の芝桜臨時列車として運転された「池袋発西武秩父行き」、301系309編成の写真です。

復元塗装された車両は、運転席窓枠部の色がグレー基調であること。車体側面が黄色とグレーのツートンカラーになっているなどの違いがあります。

さて、301系309編成が芝桜臨時列車として単独で使用されたため、一時的に101系271編成とのコンビを解かれましたが、平成24年5月8日に再び両者がペアになって運転されているのを目撃しました。まだまだ、しばらくは101・301系の活躍を見ることができそうです。

※平成24年5月4日に秩父の芝桜見物に行ってきた話題は、私のホームページ「列車とともに」に掲載していますので、よろしければご覧ください。

« 【西武】「西武鉄道創立100周年」記念乗車券が一時販売中止(H24.5.9) | トップページ | 【西武】9000系9007編成が【西武鉄道×京急電鉄】相互ラッピング電車に(H24.5.2) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(西武鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【西武】「西武鉄道創立100周年」記念乗車券が一時販売中止(H24.5.9) | トップページ | 【西武】9000系9007編成が【西武鉄道×京急電鉄】相互ラッピング電車に(H24.5.2) »