2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「東急車輛電車市場販売会訪問記」を掲載しました(H24.2.25) | トップページ | SL記念入場券セット~リゾートあわトレイン&SL内房100周年記念号乗り鉄旅・こぼれ話~(H24.2.11) »

2012年2月26日 (日)

東急車輛横浜製作所と京急金沢八景駅を結ぶ三線軌条を観察する~東急車輛電車市場販売会・こぼれ話~(H24.2.25)

平成24年2月25日に開催された「東急車輛電車市場販売会」の会場である東急車輛製造(株)横浜製作所(以下、「東急車輛」)はJR、私鉄を問わず、様々な車両が製造されています。完成した車両を鉄道で搬出するために、東急車輛と京急電鉄を結ぶ線路が存在します。

12022601

東急車輛の敷地内からは3本の線路が伸びています。いずれも線路は三線軌条と呼ばれる3本のレールが敷かれています。日本の鉄道の一般的な線路幅は1,067mmと1,435mmの二種類のため、両方の車両が通行できるように三線軌条が使用されているのですね。

12022602

1枚目の写真を撮影した場所から振り向いたところ。3本の線路は1本になります。

12022603

ご覧の写真の左側の奥が東急車輛、右側の線路が京急。東急車輛から搬出された車両は一般道路を横断して京急の線路に入ります。

12022604

ここが東急車輛と京急が接続する分岐器。三線軌条の分岐器って複雑な構造なんですね。

12022605

4枚目の写真から振り向いて撮影したのがこちら。正面の奥の駅舎が金沢八景駅です。

三線軌条はさらに京急逗子線の神武寺駅付近まで伸びていて、京急線とJR横須賀線の間にある渡り線があり、東急車輛→京急線→JR横須賀線と経由し、全国の鉄道会社に搬送されるのです。

「東急車輛電車市場販売会訪問記」を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 「東急車輛電車市場販売会訪問記」を掲載しました(H24.2.25) | トップページ | SL記念入場券セット~リゾートあわトレイン&SL内房100周年記念号乗り鉄旅・こぼれ話~(H24.2.11) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「東急車輛電車市場販売会訪問記」を掲載しました(H24.2.25) | トップページ | SL記念入場券セット~リゾートあわトレイン&SL内房100周年記念号乗り鉄旅・こぼれ話~(H24.2.11) »