2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2429D完全乗車証明書(H23.7.13)~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.14) | トップページ | くしろ湿原ノロッコ号乗車証明書~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.15) »

2011年10月20日 (木)

「くしろ湿原ノロッコ号」特集~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.15)

平成23年7月14日は「くしろ湿原ノロッコ号」に乗車してきました。「道東ぐるり一周各駅列車の旅」の旅日記本編では、あまり掲載することができなかった「くしろ湿原ノロッコ号」。こちらで当日撮影した写真をご紹介していきます。

11092012

「くしろ湿原ノロッコ号」を牽引するのは「DE10-1660」。客車に合わせ、緑色のカラーリングとなっています。

下り(釧路→塘路)は、ディーゼル機関車を先頭に客車をけん引して運転。上り(塘路→釧路)は、ディーゼル機関車が最後尾から客車を押して運転されます。

11092001

「くしろ湿原ノロッコ号」に取り付けられていたヘッドマーク。「くしろ湿原ノロッコ号」が走る釧網本線が今年全通80周年ということで、ヘッドマークのデザインにも反映されていました。

11092007

11092008

3枚目と4枚目の写真は「くしろ湿原ノロッコ号」の車体側面部の取り付けられていたエンブレムとサボ。サボにも釧網本線全通80周年のロゴが描かれており、おそらく今年しか見ることのできないデザインだと思います。

11092002

くしろ湿原ノロッコ号客車は5両編成。5枚目の写真はディーゼル機関車の次に連結されている1号車の客車「オハ510-1」で自由席。内装はブルーのシートの4人がけボックスシートが並ぶ、いたって普通の客車でした。

11092003
6枚目の写真は、2号車は「オハテフ510-2」

11092011
2~5号車はご覧のような木でできた座席。そのうち2号車が自由席で、3~5号車は指定席となっています。

塘路方向に向かって左側が6人がけの座席で、座席番号は窓側からA、B、C席となります。一方向かって右側は2人がけの座席で座席番号はD、E席となります。

釧路湿原は6人がけのボックスシート側に広がりますので、湿原の景色を存分に楽しみたいのであれば、A席を指定して予約するといいでしょう。

11092004
8枚目の写真は指定席の3号車「オハテフ510-1」。

11092010
3号車には物販スペースがあり、ノロッコ号のグッズや飲食物が販売されています。

11092005
10枚目の写真は、4号車「オハテフ510-51」

11092006
11枚目の写真は5号車の「オクハテ510-1」。運転席がある客車で、上り(塘路発釧路行き)の場合は、こちらに運転手が乗車して運転されます。

11092009
1号車には湿原の景色と、湿原に住む動物たちのパネルが飾られていました。

「平成23年夏 道東ぐるり一周各駅列車の旅」の旅日記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 2429D完全乗車証明書(H23.7.13)~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.14) | トップページ | くしろ湿原ノロッコ号乗車証明書~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.15) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR北海道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2429D完全乗車証明書(H23.7.13)~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.14) | トップページ | くしろ湿原ノロッコ号乗車証明書~道東ぐるり一周各駅列車の旅・こぼれ話~(H23.7.15) »