2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月11日 (月)

【お知らせ】お出かけのため、しばらくブログ更新をお休みします(H23.7.11)

さて、私、平成23年7月13日から19日まで仕事が夏休みとなるため、「北海道&東日本パス」を使用して乗り鉄旅に出かけてくることにしました。

今回は、滝川駅と釧路駅を走る「日本最長の各駅列車」に乗ること。釧路湿原ノロッコ号、富良野・美瑛ノロッコ号、いわて・平泉文化遺産号、平泉文化遺産号といった、ジョイフルトレインに乗る旅となります。

今回は、観光なしの乗りっぱなしの旅。もう年齢も40歳に達しようかとしている私としては、かなりハードな乗り鉄旅になりそうです。

そのため、旅行期間中はブログの更新ができず、帰ってきてからすぐ仕事が始まりますので、約2~3週間程度、ブログの更新をお休みさせていただきます。ブログ再開までしばらくお待ちください。

2011年7月10日 (日)

運転再開された「ホリデー快速河口湖3号」を見に行く~西浦和駅にて~(H23.7.9)

弊ブログ平成23年7月3日付の記事でご紹介しているとおり、7月2日(土)は3月に発生した東日本大震災以降、運休が続いていた中央線を走る臨時列車「特急はまかいじ」、「ホリデー快速河口湖1号」、そして「ホリデー快速ビューやまなし号」が7月から運転再開されることを知り、西八王子駅へその姿を見に行きました。

そんななか、これらの臨時列車と同様、7月から運転が再開されるはずであった「ホリデー快速河口湖3号」は、予定時刻を過ぎても西八王子駅を通過することはありませんでした。なぜ、運休となったのか? その理由が分からず釈然としませんでしたが、その後、「ゆう」様から弊ブログにコメントが寄せられ、同日、「ホリデー快速河口湖3/4号」が運休理由は、『車両不具合』であったいうこと。

そうであるならば、今一度、「ホリデー快速河口湖3号」を見に行ってみようと決意。7月9日に西浦和駅に向かったのでした。

「ホリデー快速河口湖3号」を西浦和で見送ろうとした理由は、弊ブログ平成23年7月9日付の記事でご紹介しているように、その日は甲府~水上間で運転された「EL&SLみなかみ」を見るため、北朝霞駅に出かけました。

「EL&SLみなかみ」の北朝霞駅出発時刻は8:08(実際は4分遅れの8:12でしたが)。一方で、「ホリデー快速河口湖3号」が北朝霞駅を出発するのが8:33と、あまり待たずに見送ることができます。

しかし、北朝霞駅ホームの大宮駅側は、列車の編成全体がきれいに眺められるような線路の形状でないため、隣の西浦和駅に移動し、ここで「ホリデー快速河口湖3号」の通過を待つことにしたのです。

11071001

8:30頃、西浦和駅を通過していく「ホリデー快速河口湖3号」。車両もいつものとおり、田町車両センター所属の183/189系H61編成でした。

2011年7月 9日 (土)

「EL&SLみなかみ(甲府~水上)」が運転~北朝霞駅にて~(H23.7.9)

現在開催中の群馬デスティネーションキャンペーンの一環として、平成23年7月9、10日に甲府~水上間で「EL&SLみなかみ」が運転されました。

甲府~高崎間を電気機関車で、高崎~水上間を蒸気機関車で走るのですが、この列車の見どころといえば、高崎駅での電気機関車と蒸気機関車の交換作業なのではないでしょうか?

できれば、私も高崎駅まで行ってその様子を見てみたかったのですが、お金と時間に都合がつかず、自宅からなるべく近い場所で「EL&SLみなかみ」を見送ろうとして狙いをつけたのが、武蔵野線の北朝霞駅でした。

11070901

こちらの写真は、北朝霞駅ホームにあった案内板。一般的に臨時列車の場合、案内板には「臨時」のみか、「臨時 水上」と行き先しか表示されないのですが、今回は「列車名(EL&SLみなかみ)と行き先(みなかみ)、出発時刻(8:08)」がしっかり表示されていました。

「EL&SLみなかみ」の北朝霞駅出発時刻は8:08。私は北朝霞駅に7:40頃に到着したのですが、その時すでに北朝霞駅の府中本町寄りホームの端には20名以上の鉄道ファンが集結していました。彼らの後ろに並び待つこと約30分、「EL&SLみなかみ」は約3分遅れで北朝霞駅にやってきました。

11070902

北朝霞駅に入線する「EL&SLみなかみ」。高崎駅まで列車を牽引する電気機関車は「EF64 1001号機」でした。

11070903

電気機関車の先頭部には、特製のヘッドマークが取り付けられていました。「EL&SLみなかみ」の列車名と、「甲府~高崎~水上」と列車の行き先、そして電気機関車と蒸気機関車が手を結んでいるイラスト、さらに「かんばろう日本!」のロゴが描かれていました。

11070904

一方、乗客が乗る客車は高崎車両センター所属の12系6両。「SLみなかみ」などを担当するおなじみの車両です。こちらにも「つなげよう日本。」と「がんばろう日本!」のステッカーが貼りつけられていました。

11070905

「EL&SLみなかみ」は北朝霞駅に約1分ほど停車して、次の停車駅である大宮駅へ。そして、高崎・水上駅に向かって出発していきました。

2011年7月 8日 (金)

【都電】8800形8801号車に「都電・阪堺線 祝100周年 PR相互乗入れ」ヘッドマークを掲出中(H23.7.3)

平成23年7月3日、ヘッドマークを掲出した都電荒川線の車両を目撃しました。

11070801

その車両は8800形8801号車

11070802

ヘッドマークは、都電と阪堺線がともに開業100周年となり、昨年(平成22年)から実施されたPR相互乗入れを記念するものでした。

平成23年6月12日に開催された「路面電車の日記念イベント」でお披露目されたこのヘッドマーク。東京都交通局平成23年5月27日付の報道発表によると、今年の12月末ころまで8800形車両に掲出して運転が続けられるそうです。

2011年7月 7日 (木)

「113系で行く急行伊豆の旅」が運転~浜松町駅にて~(H23.7.3)

平成23年7月2、3日と東京駅~伊東駅間で「113系で行く急行伊豆の旅」という団体臨時列車が運転されました。私は7月3日、これらの列車を見るために東京駅に向かいました。

11070701

11070702

団体臨時列車は、JR東日本千葉支社所属の湘南色4両とスカ色4両を連結して8両編成で運転。東京駅には10:33に到着して10:49に出発することとなっていました。

まずは東京駅で車両側面のサボと方向幕を撮影。サボには「急行伊豆」という列車名と、「東京~伊東」の行き先が表示。一方、幕式の方向幕には「団体」と表示されていました。

車両の先頭付近には多くの鉄道ファンが群がっていたため、東京駅での撮影は諦めて、浜松町駅へ移動。走行中の「急行 伊豆」を撮影することにしました。

11070703

10:54頃、浜松町駅を通過する「急行 伊豆」。東海道新幹線N700系と並走するようにやってきました。

11070704

下り列車(伊東行き)は、8両編成のうち、前方の4両は湘南色の113系。

11070705

後方の4両は、スカ色の113系でした。

2011年7月 6日 (水)

【183系大宮車】快速 谷川岳山開き号~赤羽駅にて~(H23.7.2)

平成23年7月2日の深夜から3日にかけて、「快速  谷川岳山開き号」が運転されました。今年が上越線清水トンネルして上越線が全線開通して80周年、群馬デスティネーションキャンペーン、そして3月には日本記念日協会から7月2日を「谷川岳の日」と制定されたなど、様々な要因が重なり、上野駅から谷川岳のアクセス駅である上越線の土合駅まで結ぶ1日限りの夜行列車が運転となりました。

さて、上野駅~土合駅の夜行列車は、谷川岳プロジェクトというサイト内では15年ぶりの運転としているのに対し、ZAKZAK(平成23年6月8日付の記事)では26年ぶりの運転と、いくつかの説があるようです。私の記憶では、新前橋行きの普通列車が登山シーズンの時に土合駅か越後湯沢駅まで延長運転していたのが約15年くらい前だったような気がしますが…。

話を戻して「快速 谷川岳山開き号」の話題。この列車、下りが上野駅を23:33に出発して、「急行 能登」のダイヤをほぼ踏襲して大宮駅、熊谷駅に停車して高崎駅に1:02に到着。高崎駅で約40分停車し、1:42に出発すると、次の停車駅が終点の土合駅、2:50に到着します。

一方、上りは土合駅を7月3日の14:00に出発して、上野駅には16:49に到着するというダイヤで運転されました。

私は「快速 谷川岳山開き号」を見るため上野駅に行こうと思ったのですが、野暮用で出発時刻には間に合いそうにないため、赤羽駅に変更。赤羽駅は通過扱いのため、どの程度の写真が撮れるか不安が残ります。

赤羽駅で「快速 谷川岳山開き号」を待ちかまえている鉄道ファンはなし…。あらら、大丈夫かしら…、と思いつつ列車の到着を待ちます。

11070601

23:44頃、赤羽駅を通過する「快速 谷川岳山開き号」。担当した車両は、大宮総合車両センター所属183系OM103編成でした。無理やりシャッタースピードを1/200にして、露出アンダーな条件での撮影でしたが、ブログに載せるためリサイズしてなんとか見れる画像にはなったのかなと思います。

2011年7月 5日 (火)

【リゾートやまどり】「特急リゾート草津」運転開始~池袋駅にて~(H23.7.2)

平成23年7月2日、新型リゾートトレイン「リゾートやまどり」を使用した「特急リゾート草津」の運転が新宿駅~長野原草津口駅で開始されました。

私は前々回前回の記事でご紹介したとおり、当日は西八王子駅で運転が再開された「特急はまかいじ」、「ホリデー快速河口湖1号」、「ホリデー快速ビューやまなし号」、そして団体臨時列車「こんにちは富士山号」を見送ったのですが、その後、急いで「特急リゾート草津」の始発駅である新宿駅へ向かいました。

新宿駅に着くと、すでに「特急リゾート草津」は新宿駅の6番線に停車中。ホームでは「特急リゾート草津」の出発セレモニーが行われているようで、黒山の人だかり。新宿駅ではまともに列車を撮ることはできないと判断して、急きょ池袋駅に移動することにしました。

池袋駅でもホームの新宿駅方面の端は6~7名程度の鉄道ファンがカメラを構えていましたが、なんとか列車を見ることはできそう。その場で「特急リゾート草津」の到着を待ちました。

11070501

11:00頃、ついに「特急リゾート草津」が池袋駅にやってきました。

11070502

池袋駅に停車中の「特急リゾート草津」。

11070503

「特急リゾート草津」の車体側面に描かれた「リゾートやまどり」のロゴと、LED式の方向幕。

上野駅で開催された「リゾートやまどり車両展示会」でLED式の方向幕に表示されていたのは『リゾートやまどり』でしたので、ご覧のように「特急リゾート草津」という表示は、今回初めて目にすることができました。

2011年7月 4日 (月)

【115系】「こんにちは富士山号」が目撃~西八王子駅~(H23.7.2)

前回の記事では、西八王子駅で運転が再開された「特急はまかいじ」、「ホリデー快速河口湖1号」、「ホリデー快速ビューやまなし号」を見ていたことをご紹介していますが、これらの列車が通過した後も私は西八王子駅にとどまっていました。それは、平成23年7月2日のみに運転されるという、「こんにちは富士山号」が西八王子駅を通過するため、それを見送るためなのでした。

「こんにちは富士山号」は、平成23年7月1日に富士急行の「富士吉田駅」が「富士山駅」に改称されたことを記念して、運転された団体臨時列車。往きは三鷹駅を9:41に出発して、富士山駅に12:03に到着。帰りは河口湖駅を16:16に出発して、三鷹駅に18:49に到着するというダイヤで運転されました。

11070401

10:04頃に西八王子駅を通過する「こんにちは富士山号」。この列車を担当したのは、豊田車両センター所属115系M40編成。この車両は、昨年(平成22年)12月まで「快速むさしの号」として運転されていましたが、205系へ車両が変更され、定期的な運用は終了。臨時列車としても、平成23年1月に運転された「ホリデー快速鎌倉」(弊ブログ平成23年1月1日付の記事を参照)されて以降、目立った運用はありませんでした。本来であれば、今年のゴールデンウィークにも「ホリデー快速鎌倉」として運転される予定でしたが、東日本大震災の影響で運休となっていましたので、久しぶりの活躍となったのではないでしょうか。

11070402

列車の先頭部にはご覧のような専用のヘッドマークを掲出。平成23年1月15日に運転された「115系の日・武蔵小金井駅開業85周年号」(弊ブログ平成23年1月15日付の記事を参照)でもそうでしたが、車両番号である「115系300番台」をあしらわれていて、なかなか凝ったデザインに感じます。

2011年7月 3日 (日)

特急はまかいじ・ホリデー快速河口湖号・ホリデー快速ビューやまなし号が運転再開~西八王子駅にて~

平成23年3月の東日本大震災発生以降、運転中止が続いていた、特急はまかいじと、ホリデー快速河口湖号、ホリデー快速ビューやまなし号。平成23年6月分の運転までの運転中止の案内は、JR東日本八王子支社のサイトで告知されていましたが、7月分の運転中止情報の案内はなかったため、いよいよ運転再開となることが予想されます。

平成23年7月2日、私はこれらの列車が運転再開されたのかを確認するため、西八王子駅へ向かいました。

西八王子駅に到着し、しばし待つこと8:45。駅の接近放送で「間もなく2番線を列車が通過します」という声で、列車がやってくる方向をみると…。

11070301

やってきました! まずは、横浜駅と松本駅間を入る「特急はまかいじ号」です。

11070302

特急はまかいじ号が通過してから約10分後の8:57。こんどは新宿駅と河口湖駅を走る「ホリデー快速河口湖1号」。モモずきんが描かれた豊田車両センター所属189系M50編成が今日も「ホリデー快速河口湖1号」を担当していました。

本来であれば、このあと9:15頃に「ホリデー快速河口湖3号」が西八王子駅を通過していくはずなのですが、待てど暮らせど一向にやってくる気配はなし。JR東日本サイト内の駅の時刻表では本日運転が予定されていますし、JR東日本八王子支社サイトでも運休情報には掲載されていません。

結局、私が西八王子駅にいた10:00までに「ホリデー快速河口湖3号」は、その姿を見せず。節電ダイヤに伴う運休だったのか? それとも大宮駅からここまでの間に人身事故等でダイヤが乱れていたのか? はたまた車両に不具合があったのか? 運休となった理由は分かりませんでした。

さて、時刻は過ぎ9:46。今度はこんな列車がやってきました。

11070303

「快速ホリデー快速ビューやまなし号」です。215系が今日も「快速ホリデー快速ビューやまなし号」を担当していました。

ここにまたひとつ、東日本大震災発生以前の姿に戻る風景に出会うことができました。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »