2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「おけがわ市民花火大会」観覧記をアップしました。 | トップページ | 「北斗星・カシオペア」牽引の新旧電気機関車を田端運転所で見る(H22.10.11) »

2010年10月18日 (月)

【JR北海道】「東北新幹線 新青森開業記念 青函トンネルうぉ~く」受付中(H22.10.18)

 JR北海道函館支社のサイトを見たところ、気になる記事を見つけました。

 それは「東北新幹線 新青森開業記念 青函トンネルうぉ~く」(PDFファイル)という団体旅行商品。平成22年12月11日(土)に函館駅を始終着する日帰り旅行です。

 行程は、函館駅から特急列車で竜飛海底駅へ。竜飛海底駅から吉岡海底駅付近の約23kmを約5時間かけて歩き、約1,200階段を上って吉岡地上に出るというものです。地上に出たら、温泉施設で入浴と遅めの昼食。その後、貸切バスで函館に戻って終了となります。

 日帰り旅行ながら代金19,800円! 当然ながら函館駅までの往復の交通費など含まれていません。

 実は私、昨年も青函トンネルウォークに参加。その様子は私のホームページ「列車とともに」でもご紹介しているところです。なにも同じ場所を、しかもコースはずっと風景が変わり映えしないトンネル内。何度も参加するものなの? と思われるでしょう。ハイ、私もそう思います(^_^;)

 しかし、今回は前回参加したときとコースが逆で、竜飛海底駅を出発して吉岡海底駅をゴールとするコース。特に竜飛海底駅から地上に出る斜抗部は、例年4月下旬頃から11月上旬頃まで実施される「竜飛海底駅・青函トンネル記念館見学コース」でも見ることができまずが、吉岡海底駅から地上に出る斜抗部は、今となってはこのツアーに参加しない限り、行くことができない場所。これはぜひ、参加したいものです。

 早速、昨日申し込み完了。さて、これから職場で有給休暇の申請。無事、「青函トンネルうぉ~く」に参加できるでしょうか?

10101801

10101802

« 「おけがわ市民花火大会」観覧記をアップしました。 | トップページ | 「北斗星・カシオペア」牽引の新旧電気機関車を田端運転所で見る(H22.10.11) »

鉄道」カテゴリの記事

ハイキング・ウォーキング」カテゴリの記事

鉄道(JR北海道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「おけがわ市民花火大会」観覧記をアップしました。 | トップページ | 「北斗星・カシオペア」牽引の新旧電気機関車を田端運転所で見る(H22.10.11) »