2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【E257系】ムーンライト信州90号(新作花火大会号)のこと(H22.9.5)~第28回全国新作花火競技大会・こぼれ話~ | トップページ | 「風っこもぐら号」を牽引する電気機関車(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »

2010年9月16日 (木)

「風っこもぐら号」を水上駅で目撃する(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~

 平成22年9月5日、私は水上駅へ向かいました。その目的は『SLみなかみ乗車記』でもご紹介しているとおり、「SLみなかみ」の乗車。そしてもう一つは「風っこもぐら号」を見るためです。

 『SLみなかみ乗車記』の本編では、「風っこもぐら号」の写真をあまり掲載できませんでしたので、今回一挙にご紹介していきましょう。

10091601

 「風っこもぐら号」は、始発駅の渋川駅から水上駅までは、EF64 1001号機を先頭に、後方に一般型気動車を連結して、『びゅうコースター風っこ』は両者に挟まれるようにして運転。

 水上駅でEF64 1001号機を切り離し、水上駅~越後湯沢間は『びゅうコースター風っこ』2両と、一般型気動車2両の4両編成で運転されました。

 1枚目の写真は、水上駅でEF64 1001号機が切り離された瞬間を撮影したものです。

10091602

 2枚目の写真は、EF64 1001号機が切り離され、4両編成となった「風っこもぐら号」。ヘッドマークはEF64 1001号機に取り付けられていたため、ここからはヘッドマークなしで運転されることになりました。

10091603

 3枚目の写真は、『びゅうコースター風っこ』の後方に連結されていた一般型気動車、キハ47形です。『びゅうコースター風っこ』は窓が取り払われているため、雨が降った場合や猛烈な暑さなどの厳しい環境下では、一般型気動車に避難できるよう連結されたものと思われます。

 次回は渋川駅~水上駅まで「風っこもぐら号」を牽引した電気機関車に焦点を当てたいと思います。

※私のホームページ「列車とともに」では、平成22年9月5日の「SLみなかみ乗車記」を掲載しています。こちらも、ぜひご覧ください。

« 【E257系】ムーンライト信州90号(新作花火大会号)のこと(H22.9.5)~第28回全国新作花火競技大会・こぼれ話~ | トップページ | 「風っこもぐら号」を牽引する電気機関車(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【E257系】ムーンライト信州90号(新作花火大会号)のこと(H22.9.5)~第28回全国新作花火競技大会・こぼれ話~ | トップページ | 「風っこもぐら号」を牽引する電気機関車(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »