2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【中央快速線:201系】2010年9月19日は「09T」運用に入る | トップページ | 「D51 498号機」と「EF64 1001号機」が水上駅で顔を合わせる(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »

2010年9月20日 (月)

関東北部ローカル線で活躍する107系(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~

 今回は平成22年9月5日にSLみなかみへ乗車しようと水上駅に向かったときに出会った107系を取り上げたいと思います。

10091901

 107系は上越線、信越本線、吾妻線、両毛線、そして日光線など関東北部の各路線で活躍している通勤形車両です。JR発足直後の昭和63年から製造が開始。当時、同路線で運用されてきた165系を置き換えました。

 この107系、一言で言えば、足回りは165系の部品を多く流用し、車体部のみ新製した「リサイクル車両」であること。165系のクロスシートから、107系のオールロングシートに切り替わったことから、高崎の友人によると、107系の運用開始当初は不評であったそうです。

 そんな107系も誕生から20年を経過し、足回りの部品は40年以上にもなるものがありますが、もうしばらく活躍する姿を見ることができそうです。

※私のホームページ「列車とともに」では、平成22年9月5日の「SLみなかみ乗車記」を掲載しています。こちらも、ぜひご覧ください

« 【中央快速線:201系】2010年9月19日は「09T」運用に入る | トップページ | 「D51 498号機」と「EF64 1001号機」が水上駅で顔を合わせる(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【中央快速線:201系】2010年9月19日は「09T」運用に入る | トップページ | 「D51 498号機」と「EF64 1001号機」が水上駅で顔を合わせる(H22.9.5)~SLみなかみ乗車記・こぼれ話~ »