2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「おぢやまつり花火大会2010観覧記」をアップしました(H22.8.26) | トップページ | 【北越急行】「ゆめぞらⅡ」を観察する~ゆめぞら号乗車記・こぼれ話~(H22.8.21) »

2010年8月27日 (金)

【北越急行】ほくほく線を走る列車たち~ゆめぞら号乗車記・こぼれ話~(H22.8.21)

 平成22年8月21日は、水上駅~越後湯沢駅で運転された「ゆめぞら号」に乗ってきました。ほくほく線は六日町駅~犀潟駅を指しますが、ほとんどの列車がJR上越線の越後湯沢駅まで乗り入れていて、越後湯沢駅が実質的なほくほく線の始発駅となっています。そのため、越後湯沢駅では、ほくほく線を走る列車たちを目にすることができるのです。

 今回は「ゆめぞら2号」を待っていた時間や、「ゆめぞら1号」を降りたあとに出会ったほくほく線を走る列車たちをご紹介していきたいと思います。

10082701

 1枚目の写真は、ほくほく線の普通列車に使用されるHK100形。一般的なHK100形は、私のホームページ「列車とともに」「野沢温泉共同湯めぐり」で掲載しているように、ホワイトの車体に青と赤のラインのカラーリングですが、今回出会ったのはご覧のような塗装をした車両。

 『花のラッピング・トレイン ほくほくの四季』と名付けられたこの列車。車体側面にはひまわりをはじめ、四季の花々が描かれています。平成22年7月28日から運転が開始された『花のラッピング・トレイン ほくほくの四季』。現在、わずか2両のみしか走っていないこの車両に出会うことができたのは幸運でした。

10082702

 2枚目の写真は、681系2000番台。ほくほく線が所有する「特急 はくたか」用の車両です。

10082703

 3枚目の写真は、681系0番台。2枚目の写真である681系2000番台とは、カラーリング以外は全く同じ性能を持っています。しかしこちらはJR西日本所有の車両。

 681系0番台と681系2000番台は共通運用されているうえに、6両編成の681系0番台と3両編成の681系2000番台が連結されるなど、異なるカラーリングの車両どおしを組み合わせて使用されることもあるそうです。

 私の自宅から遠い場所を走るほくほく線ですので、なかなか見に行く機会が少ないのですが、681系0番台と2000番台が連結して走る「特急 はくたか」を見てみたいものです。

※私のホームページ「列車とともに」では、平成22年8月21日に運転された「ゆめぞら号」の乗車記を掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

« 「おぢやまつり花火大会2010観覧記」をアップしました(H22.8.26) | トップページ | 【北越急行】「ゆめぞらⅡ」を観察する~ゆめぞら号乗車記・こぼれ話~(H22.8.21) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「おぢやまつり花火大会2010観覧記」をアップしました(H22.8.26) | トップページ | 【北越急行】「ゆめぞらⅡ」を観察する~ゆめぞら号乗車記・こぼれ話~(H22.8.21) »