2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広瀬川原車両基地への直通臨時列車を観察する~秩父鉄道「2010わくわく鉄道フェスタ」訪問記・こぼれ話~(H22.5.15) | トップページ | 大宮総合車両センターで見つけた「301系・209系」(H22.5.22)~JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010・こぼれ話~ »

2010年5月31日 (月)

限定記念乗車券~秩父鉄道「2010わくわく鉄道フェスタ」訪問記・こぼれ話~(H22.5.15)

 平成22年5月15日に開催された秩父鉄道「2010わくわく鉄道フェスタ」では、会場内限定の記念乗車券が販売されていました。知り合いにこの限定乗車券の購入を依頼されたのですが、これらの限定乗車券はいずれも数量限定。買い逃さないために、当日はイベント開始時間のAM10:00に間に合うように訪問。4種類販売されていた記念乗車券のすべてを購入できました。

10053101  10053102

 ひとつ目は「開催記念乗車券セット」。イベント会場内にある臨時駅「広瀬川原駅」からの硬券乗車券が3枚と記念台紙がついて1000円で販売されていました。硬券乗車券および記念台紙には、イベント会場への直通臨時列車で使用された7500系とリバイバル塗装された1000系が描かれています(※実際にはイベント当日7500系は車両故障のため、直通臨時列車には充当されませんでした)。

10053103  10053104

 ふたつ目は「開催記念入場券セット」。広瀬川原駅の硬券入場券5枚と記念台紙がセットで800円で販売されていました。記念台紙の背面にはこれまで6回開催された「わくわく鉄道フェスタ」の概要が記載されていました。

10053105  10053106

 3つ目は「旧塗装復活記念乗車券」。広瀬川原駅から武川駅までの硬券乗車券と記念台紙がついて230円で販売。4つのうち1番販売数が少ない(300枚部)記念乗車券でした。現在の秩父鉄道の電気機関車は青系統のカラーリングですが、デキ505がこのたび茶色塗装と変更。それを記念しての販売となりました。

10053107  10053108

 最後にご覧いただく写真は硬券の切符が2枚。上の切符はイベント会場内で販売されていた「開催記念入場券」。下の切符はイベント会場からの最寄り駅である「ひろせ野鳥の森駅」から熊谷駅までの乗車券です。イベント当日、「ひろせ野鳥の森駅」では自動券売機でも乗車券が購入できますが、駅員による手売りも行われており、手売りの乗車券は硬券が使用されていました。

私のホームページ「列車とともに」では、「秩父鉄道 2010わくわく鉄道フェスタ」訪問記を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 広瀬川原車両基地への直通臨時列車を観察する~秩父鉄道「2010わくわく鉄道フェスタ」訪問記・こぼれ話~(H22.5.15) | トップページ | 大宮総合車両センターで見つけた「301系・209系」(H22.5.22)~JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道イベント」カテゴリの記事

鉄道(秩父鉄道)」カテゴリの記事

鉄道グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 広瀬川原車両基地への直通臨時列車を観察する~秩父鉄道「2010わくわく鉄道フェスタ」訪問記・こぼれ話~(H22.5.15) | トップページ | 大宮総合車両センターで見つけた「301系・209系」(H22.5.22)~JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010・こぼれ話~ »