2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「東京メトロスマイルフェスタ'09」でいただいたおみやげ~東京メトロスマイルフェスタ'09・こぼれ話~ | トップページ | 【能登・北陸】いよいよあと1か月~上野駅にて~ »

2010年2月11日 (木)

【西武6000系】6109編成(6109F)にスマイルビジョン(H22.2.7)

10021001

 平成22年2月7日、西武鉄道に乗車する機会があり、練馬駅から乗車したのが6000系(6109編成)でした。

 列車に乗り込んでイスに座ったのですが、なんとなく違和感が・・・。

10021002

 顔を上に向けるとその違和感がわかりました。扉の上部に液晶モニタがあったのです。最近の通勤型車両には扉の上部への液晶モニタが設置されることが多く、西武鉄道では「smileビジョン(スマイルビジョン)」と呼び、30000系から導入が始まっています。

 しかし私の乗車した列車は6000系。その他の6000系の扉上部はLED式の案内表示器が採用されているのですが、30000系の特徴であるスマイルビジョンが6000系に設置されていたことにより、違和感を感じたのでしょう。

 もうひとつの違和感は、スマイルビジョンの上部にあるポスター。少しわかりづらいかもしれませんが、左側には東京メトロ全線の駅名が書かれているポスター。右側には東京メトロ有楽町線・副都心線の全駅と、東京メトロ有楽町線・副都心線から直通運転する西武鉄道(小竹向原~飯能間)と東武鉄道(和光市~森林公園)の駅名が書かれているポスターが設置されていたのです。

 一般的に直通運転される車両であっても扉の上部には自社路線の全駅名が記載されたポスターを設置することが多いのですが、私が乗車した6000系(6109F)は東京メトロ所属車のようなポスターの配置だったことが、違和感に感じたのだと思います。

 現在のところ、おそらく「スマイルビジョン」が設置された6000系は6109編成のみであると思いますが、今後その他の6000系にも「スマイルビジョン」が導入されるのか、興味が尽きません。

« 「東京メトロスマイルフェスタ'09」でいただいたおみやげ~東京メトロスマイルフェスタ'09・こぼれ話~ | トップページ | 【能登・北陸】いよいよあと1か月~上野駅にて~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(西武鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【西武6000系】6109編成(6109F)にスマイルビジョン(H22.2.7):

« 「東京メトロスマイルフェスタ'09」でいただいたおみやげ~東京メトロスマイルフェスタ'09・こぼれ話~ | トップページ | 【能登・北陸】いよいよあと1か月~上野駅にて~ »