2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

« 「第51回いたばし花火大会・第57回戸田橋花火大会」観覧記を更新しました | トップページ | 「第61回諏訪湖祭湖上花火大会(2009)」観覧してきました »

2009年8月14日 (金)

「長岡まつり大花火大会2009」の観覧記を更新しました

 平成21年8月2日に開催された「長岡まつり大花火大会」の観覧記を私のホームページ「列車とともに」こちらにアップしました。ぜひご訪問ください。

« 「第51回いたばし花火大会・第57回戸田橋花火大会」観覧記を更新しました | トップページ | 「第61回諏訪湖祭湖上花火大会(2009)」観覧してきました »

花火」カテゴリの記事

花火(甲信越)」カテゴリの記事

コメント

 きずねこさん、「大曲の花火」レポートありがとうございます。

 まずまずの天候で観覧できたとのこと。私の今年の花火観覧は天候に恵まれないことが多かったので、雨の心配がない状態で観覧できることが一番であると、つくづく感じています。

 今年の大会提供花火のテーマは「武士道」ですか。今週は仕事がやけに忙しくて、まだ確認していないのですが、そろそろ動画サイトにもアップされているでしょうから、週末にチェックしてみたいと思います。

 ツアーの桟敷席は狭かったとのこと。長岡の花火でも私が観覧していた場所の前方がツアー団体マス席だったのですが、隣の人と肩がぶつかりそうなくらいの狭さでしたよ。

 帰りもバスで缶詰だったとのこと、お疲れさまでした。・・・とは言っても、私も大曲の花火終了後は大曲駅から各駅列車に乗って、深夜3時前に一ノ関駅に到着。

 駅から徒歩約30分のファミレスで時間をつぶし、朝一番の各駅列車に乗車。さらに各駅列車を乗り継ぎ9時間かけて上野に戻るという行程を2年続けました。過酷さでは負けていませんよ(^^;)

管理人様こんばんわ。

大曲いってきました。郡山からの読売のバスツアーにて参加してまいりました。
実は去年は予定していたもののいけなかったので今年が初めての大曲でした。

当日は多少雲がありましたが雨の心配はなく風もそこそこあって、花火日和な1日でした。
私が座っていたのは桟敷席では一番左側で多少ハスから見てる感じでしたがよく見えました。
(煙はちょうど正面席に流れていましたので左側でむしろよかったです)

で、総じての感想としては「さすが大曲きれいだったね」という感じです。
大会の性格上ドンパチバンバンではないんで「ウギャーやばい」的な高揚感とはちょっと違っておりました。

大会提供は武士道というプログラムでオリジナルと思われる曲とともに打ち上がりました。
ワイド感はあるのですが、花火の密度はえーっとなんといいましょうか多少微妙だったかもしれません。
あと曲が武士道っぽいイメージなんですけど終盤にむけての盛り上がりがすこし難しい曲でして、
それでも去年の映像をみると洋楽がBGMでしたので工夫された来年はよくなりそうな感じがありました。

帰りは日付が変わるまでバスの中で缶詰で、これがものすごく疲れました。
桟敷は狭いしでなかなか体力が要る観戦で、もしまたいくならツアーじゃなくフリーでいきたいですね。

きずねこさん、コメントありがとうございます。

8月3日の長岡はなかなかの花火観覧日和だったようですね。

今年の私の花火観覧は一緒に雨を連れて行ってしまっているようですね(^^;)。たしか今週末のきずねこさんは大曲でしたよね? もし、私も大曲に行くと雨になりそうですのでrain、違う場所に花火大会に行こうと思っております。

もしよろしければ「大曲の花火」のレポート、お願いします。

管理人様

赤川、諏訪湖とおつかれさまでした。雨の中でも写真がとてもきれいですね。今週こそは良いお天気になりますようにと祈念しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216525/45928529

この記事へのトラックバック一覧です: 「長岡まつり大花火大会2009」の観覧記を更新しました:

« 「第51回いたばし花火大会・第57回戸田橋花火大会」観覧記を更新しました | トップページ | 「第61回諏訪湖祭湖上花火大会(2009)」観覧してきました »