2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【日本鉄道最西端の駅】たびら平戸口駅(H21.3.13)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ | トップページ | 立野駅のスイッチバック(H21.3.14)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ »

2009年4月 4日 (土)

特集!観光列車「あそ1962」乗車(H21.3.14)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~

 『日本最西端の駅を目指す旅』でたびら平戸口に到着した翌日、私は熊本~宮地を走る観光列車「あそ1962」に乗車しました。旅日記本編では「あそ1962」の写真を何枚か公開していますが、他にもたくさんの写真を撮影しました。

 今回は旅日記本編では掲載しきれなかった写真を一挙公開、「あそ1962」を特集します。

09040401

 まずは「あそ1962」の1号車(宮地方車両)「キハ28-2401」から。2号車(熊本方車両)「キハ58-139」は『日本最西端の駅を目指す旅』旅日記本編に掲載していますので、ご覧ください。

09040402  09040403

車体には「あそ1962」のロゴが随所に見ることができます。

09040404

サボも黒色だと趣(おもむき)があります。

 続いては「あそ1962」の車内をご覧いただきましょう。

09040405  09040406

 ご覧の写真は私が乗車した2号車の車内の様子です。シートモケットも落ち着いた色調です。1号車のシートは2号車とは異なるデザインでした。

 参考までに、「あそ1962」が走る豊肥本線は阿蘇山の雄大な風景が楽しめます。阿蘇山は熊本から出発した場合、進行方向右側に見ることはできます。

 「あそ1962」は全車指定席です。阿蘇山が見える方向を希望する場合は偶数番号を。進行方向窓側を希望する場合は熊本発→宮地行き」の場合はD席、「宮地発→熊本行き」の場合はA列ですので、参考にしてください。

 例)熊本発→宮地行きで、阿蘇山が見える進行方向の座席は偶数番号D席(10番D席など)です。

09040407

 車内では昭和30年代に放映されていたニュースやCMなどが液晶テレビから流れています。

09040408

 車内には「サイクルスペース」と呼ばれる場所があります。「自転車持込利用券」を入手すれば自転車が持ち込めるほか、展望スペースとしても利用できます。

09040409   09040410

 車内には「あそ1962の旅」という小冊子が置かれていて、「あそ1962」が走る沿線の案内が掲載されています。

 また、車内にはシャチハタ式の記念スタンプもあり、小冊子裏面に押印することができます。

 「平成21年春 日本最西端の駅を目指す旅」旅日記を私のホームページ「列車とともに」こちらで公開しています。ぜひご訪問ください。

« 【日本鉄道最西端の駅】たびら平戸口駅(H21.3.13)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ | トップページ | 立野駅のスイッチバック(H21.3.14)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR九州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【日本鉄道最西端の駅】たびら平戸口駅(H21.3.13)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ | トップページ | 立野駅のスイッチバック(H21.3.14)~日本最西端の駅を目指す旅・こぼれ話~ »