2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本本土最東端の公衆トイレ~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ | トップページ | 北海道限定品その1「キリンガラナ」~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ »

2008年11月20日 (木)

一風変わった双眼鏡~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~

08112001  観光地によくあるのがコイン式の双眼鏡だ。釧路市湿原展望台にも同様な双眼鏡があるが、その中に一風変わった双眼鏡が設置されていた。2つの眼がないので「双眼鏡」という名前もおかしいかもしれないが…。

 私は試さなかったのだが、おそらく100円玉を入れるとモニタから遠い風景が映し出されるのであろう。一般の双眼鏡だと、自分1人しか風景を楽しめないが、このモニタ式の望遠鏡であれば、複数人で楽しむことができる。

 少し話がそれるが、カメラはファインダーをのぞいて撮影するということが一昔前の常識であったが、現在は液晶モニタを見ながら撮影することが(特にコンパクトデジカメで)一般的となっている。観光地にある双眼鏡も覗き込むスタイルから、モニタを見るスタイルに変わっていくのだろうか。

☆「平成20年夏 北海道釧路・根室の旅」旅日記を私のホームページ「列車とともに」のこちらにアップしています。ご訪問お待ちしています。

« 日本本土最東端の公衆トイレ~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ | トップページ | 北海道限定品その1「キリンガラナ」~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ »

旅行」カテゴリの記事

旅行(北海道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本本土最東端の公衆トイレ~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ | トップページ | 北海道限定品その1「キリンガラナ」~平成20年夏 北海道釧路・根室の旅・こぼれ話~ »