2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JR最南端駅(西大山駅)の観光入場券~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ | トップページ | 九州新幹線「800系」を特集する~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »

2008年5月23日 (金)

都内で「砂むし風呂」は体験できるのか?~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~

 「平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅」では、指宿で名物の砂むし風呂を体験した。周辺は地表近くまで温かい地熱が入り込んでおり、砂蒸し風呂は海岸の砂を掘り、そこに横たわって砂をかける。いわば「和風のサウナ」といった感じだ。

 それほど期待せず砂むし風呂を体験したが、ハマってしまった。ぜひ、もう一度体験したいが、指宿へはさすがに時間とお金がかかりすぎる。私の住む東京周辺で砂風呂を体験できる場所はないものか。

 検索サイトで、東京でできる砂風呂について調べてみると、以下のサイトに出会った。

砂風呂かりるなら.com

 どうやら東京では、お台場にある「大江戸温泉物語」で体験できるようだ。大江戸温泉の砂風呂は1,575円。ただし、その他に入館料(2,827円)が必要なので、砂風呂を体験するにはあわせて、4,402円が必要になる。「気軽に体験」ということにはならないようだ。

 大江戸温泉物語にはオープン直後に1回行ったことがあるが、温泉施設があまりに貧弱なため幻滅し、それ以降は一度も訪問する機会がなかったが、その後「成分が濃く、より源泉に近い『黄金の湯』(大江戸温泉物語HPより引用)」というものもできたという。砂風呂体験を兼ねて、もう一度訪問してみたい。

☆列車とともに「平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅 本編」はこちら

« JR最南端駅(西大山駅)の観光入場券~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ | トップページ | 九州新幹線「800系」を特集する~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR最南端駅(西大山駅)の観光入場券~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ | トップページ | 九州新幹線「800系」を特集する~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »