2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「世界無名戦士之墓慰霊大祭花火大会観覧記」アップしました | トップページ | 九州鉄道記念館で内部公開されている保存車両~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »

2008年5月14日 (水)

エスカレータはどちらを開ける?(小倉編)~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~

 あなたの住む地域はエスカレータの追い越しのためどちらを開けているだろうか? たまにニュース等でも話題になるものだ。

 「関東:東京」は右側を開ける、「関西:大阪」は左側を開ける。というのが有名だが、私が「平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅」で訪れた九州:小倉はどうだろう。

08051001  結果はご覧のとおり、小倉駅では右側を開けている。つまりは東京方式だ。しかし、一方、エスカレータの右側(下り側)をご覧いただきたい。ここに立つ人は右側である。

 「エスカレータのどちらを開けるか」についてを話題にしたサイトは意外と多い。そのうちいくつかを見てみると、「左右どちらかを開けること」が定着しているのは、大都市圏のごく一部。多くの地域では、そもそも「どちらかを開ける」という習慣はほとんどないだ。

 東京出身の私としては「当たり前」であることでも、全国的に見ると「当たり前ではない」ということが今回わかった。

☆ちなみに、今回いくつかのサイトを見ていて、「仙台は大阪方式が一般的」であることを今回初めて知った。

☆「平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅 本編」はこちら

« 「世界無名戦士之墓慰霊大祭花火大会観覧記」アップしました | トップページ | 九州鉄道記念館で内部公開されている保存車両~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR九州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「世界無名戦士之墓慰霊大祭花火大会観覧記」アップしました | トップページ | 九州鉄道記念館で内部公開されている保存車両~平成20年春 熊本・鹿児島各駅列車の旅・こぼれ話~ »