2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年行きたい花火大会~その14~ | トップページ | 今年行きたい花火大会~その16~ »

2008年2月17日 (日)

今年行きたい花火大会~その15~

 「今年行きたい花火大会」の第15弾は、いよいよ秋花火に突入『土浦全国花火競技大会』。「全国花火競技大会/大曲の花火」と並び全国的に有名な花火大会といえる。自宅から約2時間、土曜日開催と観覧しやすい環境にありながら、これまで必ずといっていいほど花火開催日は休日出勤となってしまい、昨年初めて観覧した花火だ。しかも昨年は、痛恨の昼寝&寝坊がたたり、打上会場の最寄り駅である土浦に到着したのは花火打上時刻の1時間前のPM5:00過ぎ。当然ながら会場は足の踏み場もないほどの大混雑で、通路に腰をおろしてしまうという最悪のマナー違反を犯してしまった。

 よって良い観覧場所を確保するには何時頃に会場に到着すべきか、花火をよく見るための場所などといった情報は持ち合わせていない。ちなみに私が昨年観覧した場所は土浦橋を越えて少し進んだあたり、土浦側から進んで向かって左側の堤防上だった。

 競技花火は「10号玉割物の部」「創作花火の部」「スターマインの部」からなり、10号玉を中心にその合間に創作花火、スターマインが打ち上げられる。また、大会提供のワイドスターマインもあるが、打上プログラムには記載されておらずどの時間帯に打ち上げられるかはわからない。ワイドスターマインは全長500mから5か所一斉に花火が打ち上がり、競技花火とは別の盛り上がりを見せる。

 花火終了後の土浦駅であるが、他の花火大会同様、駅構内への入場規制が行われる。駅の改札口は2階にあり1階から階段を上り改札口へ向かうルートと、駅前の歩道橋から改札へ向かうルートがある。1階から改札口へ向かう階段の広さは狭く、乗客は階段を中心に扇状に並んでいるため、階段には乗客が押し寄せ「押し合いへし合い」の状態となる。帰りはあらかじめ駅前の歩道橋に上がり改札口へ向かう方が、行列も短いし前述のような危険もないように思える(ただし、この改札口への入場方法、入場規制の方法も変更になるかもしれない。このままだとケガ人が発生してもおかしくない)。改札口を過ぎればホーム内は拍子抜けするほど空いている。また、帰りに特急列車を利用している方は注意が必要だ。大曲の花火や熊野大花火大会は特急列車専用の改札口を設けているが、土浦駅にはそういった対応はしていないようであるため、行列に巻き込まれ指定の特急列車に乗れない危険がある(同様に諏訪湖の花火の上諏訪駅も特急列車専用の改札口がない)。

 今年の土浦全国花火競技大会だが、おそらく10月第一土曜日(4日)と思われる。もし翌週は「今年行きたい旅~その3~」を決行しようと考えているので観覧が難しくなる。

☆土浦全国花火競技大会 開催データ☆

○日 時  平成20年10月4日(土) 18:00~20:30
○場 所  桜川畔(学園大橋付近) (茨城県土浦市)
○アクセス  JR常磐線「土浦駅」徒歩約30分
○打上数  20,000発  最大10号玉
○H    P    http://www.tsuchiura-hanabi.jp/index.shtml(土浦全国花火競技大会実行委員会)

※上記データは例年の開催状況を元にした個人的な予想であり、確定した情報ではありません。正確な開催データはホームページ等でご確認願います。

« 今年行きたい花火大会~その14~ | トップページ | 今年行きたい花火大会~その16~ »

花火」カテゴリの記事

花火(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年行きたい花火大会~その15~:

« 今年行きたい花火大会~その14~ | トップページ | 今年行きたい花火大会~その16~ »