2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ホームページ更新しました&弁天島花火大会訪問 | トップページ | 横浜開港記念みなと祭国際花火大会 中止! »

2007年7月10日 (火)

弁天島海開き花火大会「こぼれ話」

 本来、ホームページと連動した内容を書こうと思いこのブログを立ち上げたのですが、これまではあまり関係のない話題ばかり。やっと本来の目的である内容を書けそうです。

 さて、今回は私のホームページに7月9日アップした「名物花火を見に行く旅~弁天島海開き花火大会編~」のこぼれ話をご紹介。

 ホームページやこれまでのブログでも書きましたが、天気予報が雨でしたので一度は諦めていましたが、天候回復により急遽出発することになりました。よって下調べもせず着の身着のまま自宅をAM11:00前に出発。

Img_0479  まずは、小田急線の新宿駅から11:41発の急行に乗り新松田に13:04に到着。新松田駅を降りると目の前にあるJR東海御殿場線の松田駅へ向かいます。。松田駅で「休日乗り放題きっぷ」を購入。この休日乗り放題きっぷは東海道本線の熱海~豊橋と御殿場線、身延線全線が土・日・祝日に1日乗り放題となるトクトクきっぷです。購入できる場所はフリー区間内のみ(国府津、甲府駅では購入不可)なので注意。

 さて、休日乗り放題きっぷを購入し、次の列車の出発時刻を見てみると14:17! なに? 次の列車まで1時間以上あるの? 事前の下調べをしていなかったからだね。だからといって特にすることもなくホームのベンチに座りボケ~ッと過ごします。

 そして14:17発の沼津行の列車が到着。はたして花火会場の弁天島駅には何時に到着するのかな? と思いつつ列車に揺られ沼津に15:29に到着。沼津発15:39の島田駅行きに乗車し、島田駅に17:06に到着。さらに17:15発の列車に乗りかえ浜松に17:59に到着。浜松駅のホームは長蛇の列。弁天島方面へ行く電車が入線してくると一気に乗客が車内になだれ込みラッシュ並みの大混雑。私の立つ横のカップルの微笑ましい会話を聞きながら弁天島駅に18:23に到着しました。

 以下、カップルの微笑ましい会話

女)すっご~い、めっちゃ混んでるねぇ~

男)東京のラッシュはもっとすごいらしいぜぇ~

(このふたり、横で東京の人間が聞いているとはこれっぽっちも思っていないんだろうな)

 肝心の花火は19:30~20:50の間に約3,000発。都内の花火大会では同じ時間内に3~4倍の打上数がありますが、この花火大会は打ち上げの合間に放送で逐一花火の大きさ、玉数、スポンサーが紹介されており、決して中だるみするものではありませんでした。花火大会は打ち上げ数、玉の大きさのみだけで決まるわけではないことを改めて知らされました。

 帰りは弁天島駅を21:02発の臨時列車に乗り浜松へ。帰りは浜松駅にも停車する夜行快速「ムーンライトながら」を利用。ただし私はそのまま静岡方面の列車に乗車します。なぜなら本日中であれば「休日乗り放題きっぷ」で乗り放題。できるだけ東京方面に近づけばそれだけ翌日の乗車券が安くなる寸法。たとえば浜松からムーンライトながらに乗車すれば、浜松~東京の乗車券が3,760円であるのに対し、本日中に沼津まで行ければ翌日は沼津~東京の乗車券2,210円で済むんですね。

 浜松駅を21:24発の三島行きに乗り沼津駅のひとつ前の「片浜駅」で下車(23:29着)。なぜ沼津駅まで行かないのかというと、片浜駅近くに24時間営業のマクドナルドがあるため。ついでに、なぜマックに行くのかというと、ムーンライトながらの沼津発は3:19なのでどこかで時間をつぶす必要がある。そこで目をつけたのが24時間営業のマックでした。ちなみに沼津駅周辺は24時間営業のマックはないんですね。

 片浜駅から約15分歩いて無事マクドナルドに到着。あらかじめ知り合いからいただいたコーヒー無料券とビックマック150円のクーポン券があったためこれを利用。おなかも減っていたのでビックマックはものの数分で完食。さてと、早くもヒマになってしまった。仕方がなく三角マンゴーパイを追加購入し、本を読みながらダラダラとマックで1時間半ほど時間をつぶしました。結局私がマックにいた間に何人か客が来ましたが、みんな持ち帰りorドライブスルーであり、さながら店内を独り占め状態。プチマック難民になった気分。でも今のボクではマックで夜を明かすことはできそうにないなぁと感じました。

Img_0480  マックにあまり長い間居座っても仕方がないのでAM1:40に出発。ボクが店をあとにしたあと、店員たちは「うちの店にもマック難民が来たよ~」なんて話しているのかなと思いつつ夜道をゆっくり、ゆっくりと歩き沼津駅へ向かいます。沼津駅までの約3kmの道を45分かけて移動。沼津駅到着はAM2:20でした。途中、十数台の車とすれ違い、駅前を除くと徒歩・自転車と2人ほど連れ違いましたが、相手は私のことをどう感じたのでしょうか?

 沼津駅のホームに入ろうとしたらAM2:40までは改札を閉鎖とのこと。駅前には暴走族風の若者もいたし、ホームを勝手に使われないようにするための措置なのでしょうか。

 AM2:40が過ぎ改札を済ませホームへ進むとベンチで寝ているオヤジを数名発見。こんな所にも終電を乗り過ごして駅で一夜を明かす人がいるんですね。程なくムーンライトながらが入線し、乗車。東京を目指します。

…といいながら私は小田原で下車(AM3:53)。なぜ小田原で下車したかというとここから小田急線に乗り換えるため。沼津~東京の乗車券は2,210円ですが、小田原で小田急線に乗り換えると沼津~新宿が1,590円となります。小田急線の小田原始発列車はAM4:53ですのでここでも1時間の待ち合わせがあるのですが、今回は徹底的に安い方法を追求することとしました。このようなルートで行かないと鉄道オタクとは呼べないし、ブログで書いても話題にはなりませんな(^_^;)

 さて、平成19年名物花火を見に行く旅第一弾となった「弁天島海開き花火大会」。第二弾、第三弾はあるのでしょうか?

« ホームページ更新しました&弁天島花火大会訪問 | トップページ | 横浜開港記念みなと祭国際花火大会 中止! »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東海)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁天島海開き花火大会「こぼれ話」:

« ホームページ更新しました&弁天島花火大会訪問 | トップページ | 横浜開港記念みなと祭国際花火大会 中止! »