2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

鎌倉車両センター一般公開「こぼれ話」

今回は先日訪問した「鎌倉車両センター一般公開」についてのこぼれ話を。鎌倉車両センター一般公開訪問記録はこちらをご覧ください。

http://homepage2.nifty.com/taka110/kamakura07.htm

07072903  さて、今回開催された鎌倉車両センター一般公開ですが、以前隣接する鎌倉総合車両センター旧大船工場で毎年一般公開が行われていましたが、平成18年3月で同センターは閉鎖。よってこの地区での一般公開はもう行われないと思っていましたが、旧大船工場に舞台を移し、約2年ぶりの復活となりました。

 車両センターの入り口では係員がセンター内の案内図を配布。私も1枚もらって内容を確認しようとすると案内図の他にもう1枚のはがきサイズの紙を発見。それが左上の写真です。表面には鎌倉車両センター所属の車両が勢揃いの写真が印刷されています。そこには

第1回鎌倉車両センター一般公開入場証明書

あなたは、平成19年7月29日(日)に開催された第1回鎌倉車両センター一般公開に入場されたことを証明します

といった文言がシリアルナンバー(左上に表示)とともに記載されています。これまで訪問した「鉄道まつり」にはない独自のサービス。コンパクトデジカメで撮影した写真をパソコンに取り込みインクジェットプリンタで印刷した、いかにも「お手製」感がビンビン伝わってくるような品質ですが、印刷した枚数は相当なものでしょうから、この入場証明書を作成したJR職員の苦労が伺えます。

 裏面は「鎌倉車両センター年譜」と題し、これまでの鎌倉車両センターの歴史が記載されています。ただし、インクジェットのインクがにじみ気味で文字がつぶれて少々見にくい…(^_^;)

 今回の鎌倉車両センター一般公開ですが、JR東日本としての正式なリリースがないまま(私の情報収集能力の範囲内ですが)の開催。折りしも東海道本線の横浜~国府津開業120周年記念の一環としての一般公開であり、今回一回きりの開催のため大きな宣伝はしなかったのかなと勝手に解釈していました。

 ただし今回入り口でいただいた入場証明書には「第1回」の表示されています。ということは第2回、第3回と続くことを前提に作成されたのでしょう。来年以降も鎌倉車両センターはしばらく目にはずせないようです。

2007年7月30日 (月)

長岡まつり大花火大会に行くべきか行かざるべきか それが問題だ

 8月3日に有給休暇をいただきました。当日は長岡まつり大花火大会の2日目。長岡まつり大花火大会は平成15年に一度行ったっきり。もし今回行くとなると4年ぶりの訪問となります。

 ぜひ行きたい! …でも帰りの足がない。私の場合、長岡からの帰りの王道といえば夜行列車「ムーンライトえちご」ですがすでに満席。ダメ元でキャンセル待ちをしていることは以前お話ししましたが今のところ、キャンセルが出たという連絡はなし。では夜行バスと思いましたが、夜行バスも満席。

 あとは当日ホテル等に宿泊し翌日帰宅という選択もありますが、今さら開いているホテルなんてないでしょうね。

 他に考えられるものといえば………。長岡駅の待合室が24時間開いているらしいのでそこで始発電車を待つ手もあるが…、でも同じ考えを持つ人はいるだろうし…。

 最後の手として、人生初のマック難民!? ん? そもそも、長岡駅周辺に24時間営業のマックはあるのか?

2007年7月29日 (日)

選挙に行きましたか?

 本日、平成19年7月29日は参議院議員選挙投票日です。みなさんは選挙に行きましたか? こんなこと言っていて自分が行っていないようではお話しになりませんので、私は鎌倉車両センター一般公開に行った帰りに投票所に立ち寄り投票を済ませました。

 そうそう、鎌倉車両センター一般公開の訪問記録は私のホームページ「列車とともに」にアップしましたので、もしよければご覧ください。

鎌倉車両センター一般公開訪問記録 http://taka110.in.coocan.jp/kamakura07.htm

 実は私、選挙前になるとなぜか友人が増えたりします。とはいっても私自身は相手のことを友人とは思っていないのですが、相手が私のことを友人と認識しているようなのです。ただし、相手が私を友人と認識する期間はおそらく1~2週間程度なんでしょうけどね(^_^;)。その友人は電話で私にアクセスしていきます。その会話の一例をご披露しましょう。ちなみに会話の中に出てくるカッコ書き「( )」は私の心の叫びと思ってください。

相手「もしもし、○○(私の名前)さん? 私のこと覚えてる?」

私「あ~、確か中学校の時同級だっだっけ?(誰あんた?)

相手「そうそう、すごいひっさしぶり~。何年ぶりかしら? 元気~?」

私「うん、まずまずだね。…で、どうしたの今日は?(大体予想はつくけどな)」

相手「今度の日曜日選挙だけど、誰に入れるかもう決めてるの?」

私「ちょっと忙しくてさぁ、誰が立候補しているのかさえまだよくわかっていないんだよね(とは言いつつ、あんたが推薦しようとしている立候補者は大体わかってるんだよ)」

相手「そうなんだぁ、実はさぁ~。××党の△△さんっていう人が立候補しているんだけど、とても信頼のおける人なんだぁ。私応援しているんだけど、ぜひ投票して欲しいんだ」

私「(やっぱ××党ね。予想どおりや。)ふ~ん、一応聞いておく(××党は一番嫌いな党なんだよね)」

相手「もしよければ、日曜日一緒に投票行かない? いつ頃行くの?」

私「ハハハハ…。心配いらないよ。絶対投票行くから(でもあんたの推薦人には投票しないけどな)」

相手「ホントによろしくね。じゃあ、また」

私「じゃあ(その「じゃあ」って言うのは次の選挙のときって言う意味?)」

 こんな感じです。どうせ、電話でしか会うことがないのだからビシッと「もうかけても意味ないよ」とか「××党は嫌いなんだよね」って言ってもいいのですが、そこは気の小さな私。とても言えそうにありません。

 そうそう、選挙以外にも同級生から久しぶりに電話がかかってきたときがあったなぁ。その内容といったら「宗教の勧誘…」

薄~い人生を送る私には、昔の同級生からの「実は昔からあなたのこと好きだったの」みたいなトキメキ電話はないんだろうな…。ん? こんな電話本当にかかってきたら、まず詐欺だろうな(^_^;)

2007年7月28日 (土)

隅田川花火大会「こぼれ話」

Img_0567  隅田川花火大会に行ってきました。私のホームページである「列車とともに」にも観覧日記をアップしましたのでそちらもご覧ください。

http://taka110.in.coocan.jp/19hanabi.htm

 観覧場所は例年と同じで台東区今戸2丁目の道ばた、私が「穴場」と自認している場所。左の写真が「そこ」です。写真の右側方向から花火が打ち上げられるのですが、ご覧のとおり花火打ち上げ方向には高い建物がなく、結構よく見えるんです。さすがに隅田公園など定番の観覧場所には及びませんが場所取りの必要がほとんどなく、今回も花火打ち上げ開始時間の約20分前に行っても席は確保できました。

Img_0646  ただしこの観覧場所、花火打上の北側に位置するため夏場の今は風下になりやすく、花火の煙や花火カスが降ってきます。左の写真はクライマックスのスターマイン。花火が煙で思いっきり霞んでしまいました。でも、この観覧場所以上に「花火がよく見えて、かつ場所取りの必要のない穴場」なんてなかなか見つからないでしょうね。

2007年7月27日 (金)

隅田川花火 穴場探索

 いよいよ明日は隅田川花火大会。これまでのホームページでも何度か記載していますが、私は毎年同じ場所で観覧。細かな場所は申し上げられませんが、住所は今戸2丁目近辺の道ばた。わたしはここを「絶対的穴場」と思っています。

 この場所を見つけたのは5年前。打ち上げの約2時間前に隅田川花火の定番観覧場所の隅田公園に行くもすでに会場内は満員。途方に暮れ、周辺をウロウロしているうちに花火打上時間に。花火打ち上げ中も花火がよく見える場所を探しながら歩いていたところ見つけたのがこの「穴場」でした。周辺にはお寺・お墓が建ち並び、前方に高い建物がないため、第一会場から上がる花火がよく見えるのです。

 さすがに低く上がる花火の一部は見えないのですが、花火打ち上げの15分前に行ってもほぼ確実に確保できる(今のところは)場所ですので、贅沢は言えません。

 とはいうものの実は私も正確な「穴場」の場所を把握していないのもこれまた事実。なんせ年に1回しか行かない場所なので、記憶が曖昧のためいつもあちこち迷いながら辿りつく始末。今年はちゃんと到着できるのでしょうか?(^_^;)

2007年7月26日 (木)

足立の花火大会「こぼれ話」

Img_0483  足立の花火大会に行ってきました。私の自宅から一番近い場所で開催される花火大会です。今回はいつも見ている場所とは異なり、西新井橋近くの北側の土手へ。なぜこの場所にしたかというと仕掛け花火の「ナイアガラの滝」を対岸の正面から見ようと思ったためなんです。

 花火大会会場には打ち上げ開始30分前に到着しましたが、観覧場所は広く難なく適当な場所を確保。いざ打ち上げ開始となると、ちょうど花火がカメラのフレーム内に入るという近すぎず、遠すぎずで、最高の場所を確保できたといえるでしょう。

 さて、お待ちかねのナイアガラの滝。今年の仕掛け花火は3段階。まず、地面に仕掛けられた花火が噴水のように吹き上がり、続けてナイアガラの滝。さらに五色のナイアガラが現れるというもの。まず、第一弾の「噴出し」でしたが…、

残念! 吹き上がる高さが低く、前方の草に邪魔され見えずじまい。次回は土手の上から見た方がよいと学習しました。忘れないようにしなくては…。

 続いてナイアガラの滝。「無煙ナイアガラ」というネーミングのとおり、煙の発生が少なくきれいに見ることができました。

 そして最後に五色のナイアガラ。仕掛けの真ん中あたりに点火され、左右に火が広がり五色の花火玉が横一直線に現れます。早速カメラを構え、決定的チャンスをねらいます。しかし点火はしたものの、いつになっても点火された火が下に流れ落ちません。そのうち火は消えてしまう始末。ええっ? これで終わり? って感じで拍子抜け。結局1枚も写真を撮ることはできませんでした。失敗だったのか?予定どおりの演出なのか? 確認するすべはありません…。

 失敗といえば、今回の花火でもうひとつ、ちょっとしたトラブルがありました。時間は20:27頃。4部構成の第3部が終了する直前でそれは発生しました。「ただいま、不発弾が発生しました。現在、安全確認を行っていますのでしばらくお待ちください」の放送。思えば、第3部終了直前に地面で破裂し、クジャクの羽のように広がった花火がありました。不発弾というより、不発のまま落ちてきた花火の玉が地面に落ちて破裂したのでしょう。

 中断は約25分続き、再開したのが20:53頃。しかも第4部の開始時には会場内に音楽が流れるも花火は打ち上がらず、再度2分中断した後に再開。昨年の高崎花火大会でもボヤ騒ぎが2回あるなど、会場にいると様々なトラブルに直面することがあります。もし、花火大会会場から遠くで鑑賞していた人は中断の事実を知る由もなく、花火が終了したものと思った30分後に再び花火が打ち上がり、目を白黒していたのではないのでしょうか?

 さて、次の花火大会鑑賞予定は7月29日の隅田川花火大会。これから9月上旬まで毎週末、花火大会が開催されます。いよいよ花火大会ラッシュ。忙しい日々(?)が続きそうです。

足立の花火大会に関する内容は私のホームページ「列車とともに」でもご紹介しています。

http://taka110.in.coocan.jp/19hanabi.htm

2007年7月25日 (水)

葛飾納涼花火大会開催日を間違えた(>_<)

いよいよ花火シーズン突入。昨日は都内の花火大会のトップとして葛飾納涼花火大会が行われました。私はというと…

残念! 当日は仕事。仕事を終えてから花火大会会場に駆けつけても間に合いそうにないため断念となりました。

こんな私でも現在はサラリーマン。仕事のできない私を12年も雇ってくれている寛大な会社です。もしこの会社に入っていなければ、現在の私は確実に引きこもり&ニート君になっていたことでしょう。

我が社には「年次有給休暇の計画的付与」なる制度があります。同業者は「計画年休」または「計年(けいねん)」と言っています。どういう制度かというと、毎年4月に当年度(4月から翌年の3月)の有給休暇希望日を申し出て、計画的に有給休暇を取得していき有給休暇の時効消滅がないようにしていきましょう! というもの。一般の会社の方が聞くと信じられない制度でしょうね。だって仕事が忙しくって計画年休を取らず出勤すると怒られるんだからね。もちろん、有給休暇の希望日が100%通るわけではないのですが、ある意味我が社独自の制度といえるのかもしれません。

この計画年休を取得して「葛飾納涼花火大会」に行こうと思っていたのですが、今年の葛飾納涼花火大会は7月31日に開催するものと予想していたため、一週間間違えて計画年休を希望。残念ながら見に行くことはできませんでした。来年は間違えないようにしなければ…。

こんな我が社ですが、取り巻く環境変化によって徐々にではありますが、一般常識が通用する会社に生まれ変わろうとしています。私を含め、我が社の職員は多かれ少なかれ意識の改革が必要なのでしょうが、なかなか行動に移せない自分がいるのもこれまた事実。さて、どうなることやら…。

さて、明日は足立の花火大会。私の自宅から徒歩で行ける距離の、まさに地元の花火大会。当然ながら計画年休は取得済み。私にとっては今年3回目の花火大会(予定)。あとは雨が降らないことを祈るのみです。

ちなみに足立の花火大会にお越しの方にマメ知識を…。花火会場の最寄り駅として北千住駅が有名ですが、例年大変な混雑になるそうです。もし京成線・東京メトロ沿線の方であれば、町屋駅から会場に向かうことをお奨めします。町屋駅から徒歩で約20分かかりますが、会場に向かう道も空いていて北千住から歩くより早く会場に着けると思いますよ。

2007年7月20日 (金)

鉄カフェが大人気?

 「鉄道田中3号」というドラマをご覧になったことはあるだろうか? そこに出てくる主人公たちの集う場所「cafe&bar STATION」というお店。店内は駅名板やヘッドマークに掲げられ、列車の座席シートに座り、鉄道模型が走るなか、食事ができる店だ。

 「STATION」は架空の店舗だが、現実の世界にも同じようなお店がある。東京周辺では目黒区祐天寺にある「ナイアガラ」というカレー屋さんだ。店内は多くの鉄道関係部品が掲げられており、カレーの注文も店前の自動券売機できっぷ(食券)を買うシステム。カレーの辛さも鈍行(甘口)、急行(昼辛)、特急(辛口)、超特急(激辛)、ワイド周遊券(4種類の辛さ全部盛り)など、鉄道用語が取り入れられている。

 できあがったカレーは店内に敷かれた線路を鉄道模型が走り届けてくれるという徹底ぶり。私は10年以上前に一度行っただけだが、インパクトは強烈だった。

 そして現在、まさに「STATION」そのままともいえる喫茶店(鉄カフェ)が大阪天王寺にあるとのこと。店内は本格的な鉄道模型の線路が引かれ、食事をしながら鉄道模型の運転の可能だ。鉄道模型の持込もOK、もちろん鉄道模型の貸し出しもあり、手ぶらで行っても楽しめるとのこと。しかもこの鉄カフェ、店長さんが女性で意外と大人気らしく、岸和田に姉妹店がオープン、堺・吹田にも出店予定とか。

 鉄カフェの東京進出はあるのでしょうか?

 

カレーショップ「ナイアガラ」  http://www.meguroku.com/shop/shop.php?group=14&shop=201

鉄カフェ「レトロ」  http://www.tetsu-cafe.com/

2007年7月19日 (木)

ぎおん柏崎まつり大花火大会 中止!

予想はしていましたが、7月26日開催予定のぎおん柏崎まつり大花火大会は中止となりました。ニュース番組で連日映し出される被災の様子、今後も余震の心配もされている状況を見ると中止も致し方ないのかもしれません。7月26日付のスポニチによると柏崎の花火の中止は江戸時代後期に始まってから以来、初めてだとのことです。

「越後三大花火大会」のひとつである柏崎の花火が中止になったことで、他の2つの花火大会が開催が心配されますが、8月2、3日の長岡まつり花火大会は予定どおり開催。9月9、10日に開催の片貝まつり「浅原神社秋季例大祭奉納煙火」も開催の予定とのことです。

私は今年、予定がつきそうにないのでこの2つの花火大会には行く予定はありませんが、長岡、片貝の花火大会は柏崎の復興を祈念し、盛大に開催していただきたいと遠く東京から祈っております。

がんばれ! 柏崎のみなさん!

参考:柏崎商工会議所(ぎおん柏崎まつり大花火大会関連) http://www.e-cotte.com/hanabi/

   長岡まつり協議会(長岡まつり大花火大会関連) http://nagaokamatsuri.com/index2.html

   片貝商工振興会(片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納煙火関連) http://www.fgt.co.jp/shoukoukai/shoukou-home.htm 

2007年7月17日 (火)

野沢温泉共同湯めぐり「こぼれ話」

 先日発生した新潟県中越沖で発生した地震では鉄道各線も一時運転を見合わせるなど混乱が見られました。

 私は今年の3月に野沢温泉に旅をしましたが、その時にも能登半島地震が発生し列車のダイヤが乱れたことを思い出しましたのでお話しします。

 「野沢温泉共同湯めぐり」でも記載していますが、地震発生当日は野沢温泉での共同湯めぐりを楽しみ東京へ戻る日。宿泊施設を出発しようとしたときに地震が発生。私がいた場所の揺れはたいしたことがなかったのですが、テレビをつけてみると能登地方で震度6であるとのことでした。

 野沢温泉駅に向かい駅員に運行状況を確認してみると、日本海側を通る北陸本線は運転見合わせいるが、野沢温泉を通る飯山線は平常運転とのこと。ちなみに東京まで戻る行程は「戸狩野沢温泉駅~(飯山線)~十日町~(北越急行)~六日町~(上越線)~越後湯沢~(上越線)~上野」ですが、駅員によると各列車の運行状況はわからないとのことでした。

 まずは飯山線に乗り平常どおり六日町に向かって戸狩野沢温泉駅を11:06に定刻通り出発。このときには震源地から遠く離れているため、まさか影響が出るとは思いもしませんでした…。十日町に12:20に到着。次に六日町へ向かう列車は13:11発で少々時間があるため、駅周辺のそば屋で昼食。

 駅へ戻ってみると、地震のため北越急行は運転を見合わせているとの放送を聞きビックリ。よく考えると北越急行は北陸本線を直通して金沢へ向かう特急「はくたか」が運転されています。北陸本線が運転を見合わせていますので当然ながら「はくたか」も止まっており、同じ路線を走る各駅列車も影響を受けることになるんですね。

 どうすることもできず、駅構内で待っているとひとまず各駅列車は間もなく動き出すとのことでホームで列車を待っていると約30分遅れの13:40に列車が到着。六日町に向かいます。

 六日町に13:55に到着。このあと上越線に乗り換えるのですが、その上越線も運転を見合わせとのこと。それほど震度も大きくなかったのになぜ? という気持ちでいっぱいでしたが、駅員に文句を言っても意味がないのでそのまま六日町で約1時間待機。14:50頃に到着した北越急行からの後続列車が越後湯沢行きであったため、ひとまずこの列車に乗り越後湯沢まで向かいます。

 越後湯沢には15:05頃に到着。本来であれば15:05に越後湯沢を出発する列車に乗り、水上へ向かい東京へ帰る予定でしたが、上越線は長岡~浦佐間が時速25km/h以下の徐行運転を行っているとのことで遅延。その遅延予定時間も初めは約30分であったものの、その後40分、70分、90分と時間を追うごとに大きくなることに。そこで駅周辺にある「コマクサの湯」でお風呂に入ったことはホームページでご紹介しているとおりです。

 しかし、この地震での徐行区間の震度は大きいところでも震度3。これで徐行しなければならないのはなぜだったのでしょうか? この区間は2004年の新潟県中越地震では路線が流失してしまった場所ではありますが、復旧後2年以上は経過しています。まだ、復旧状況が完全ではないのか? それとも念のための徐行だったのでしょうか?

 さて、コマクサの湯で温泉入浴後、越後湯沢駅に到着したのが16:15。遅延している列車すでに出発してしまっていてはシャレになりませんが、まだ出発していない模様。結局、遅れていた列車が越後湯沢駅を出発したのが16:40頃でした。

 その後は列車の遅れ等もなく以下の列車で上野に到着しました。

(越後湯沢)16:40~17:20(水上)17:30~18:22(新前橋)18:27~20:14(上野到着)

 このように地震のために振り回された「野沢温泉共同湯めぐり旅」。不謹慎かもしれませんが、急ぐ旅でなければこのようなトラブルも楽しみのひとつといえるのかもしれません。

2007年7月16日 (月)

新潟中越地方での地震で花火大会は?

 本日AM10:13頃、新潟中越おきで震度6強の地震が発生しました。私がこの記事を作成しているときもTV各局の特番で被害に状況が伝えられており、柏崎駅では115系と思われる2両編成の列車の1両が脱線し、今にも横倒しになりそうな状態で傾いているところが映し出されています。被災に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 さて、7月も中旬を過ぎ花火大会も本格的に開催される時期となりました。花火王国といわれる新潟県も大規模な花火大会として7月26日の「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」「上越まつり大花火大会」、8月2、3日の「長岡まつり花火大会」、8月5日の「新潟まつり花火大会」と立て続けに開催されます。

 これら花火大会が果たして開催できるのか心配です。軽率な発言はできませんが、困難に打ち勝ち予定どおり花火大会が開催されることを陰ながら応援しております。

 

以下、7月16日17:05追記

 先ほどテレビを見ていたところ、信越本線青梅川駅(柏崎駅から直江津方面に2つめの駅)付近にて大規模な土砂崩れが発生している映像が映し出されていました。映像を見ると復旧までに1か月以上はかかりそうです。また、時間が経過するごとに各地の被害状況は明らかになっていきます。

 先ほど震度6弱の余震が発生し、今後1週間程度は大きな余震が発生する可能性があるとことです。7月26日にはぎおん柏崎まつり海の大花火大会か開催の予定ですが、果たしてどうなるのでしょうか? 私は今年の訪問予定はありませんが、この花火を楽しみにしている方々にとっては心配な日々が続くことでしょう。

2007年7月15日 (日)

トラックバックってどうなってるの?

 ブログをアップしているとたまに「トラックバック」なるものがつきます。実は私、これまでトラックバックというものがどういうものか知りませんでした。

 ということで調べてみると、「別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みみのこと。ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的」(Yahoo!家電ナビより引用)とのこと。

 わたしのブログにもトラックバックはついたのですが、その内容といえば、たとえば夜行バスの話題を書いたら「バス会社(?)のブログ」、パチスロ日記には「貸金業(?)のブログ」など、どちらかというと広告メールっぽい内容ばかり。

 自分のブログを見ていただきトラックバックを張っていただくならとても感激するのですが、現状のトラックバックはどうみても私にとっては迷惑メールです。

2007年7月14日 (土)

検索サイトってどうなってるの?

 ブログを作成されている方ならご存じかと思いますが、自分のブログへのアクセス件数、訪問者の件数、リンク元(訪問者が直前どのサイトから訪問したか)、どの検索サイトでどんなキーワードを使って訪問したか等々がわかる機能がついています。

 ここ1~2日、アクセス数がいつもよりちょっと多めなので確認してみると「Walkersplus」の隅田川花火大会を紹介するサイトに私にブログがリンクされていて(H19.7.13確認)、そこからこののブログにアクセスされている方が多いことがわかりました。自分としては隅田川花火大会に関するブログを書いた覚えがないのですが、昨日アップした「横浜開港みなと祭花火大会 中止!」で今年の隅田川花火大会は荒天の場合順延しないという部分が引っかかったようなんです。

 ホームページを開設してから何年も経っていますが、これまでは検索サイトにはほとんど載ることはありませんでしたが、ホームページ作成ソフトをホームページビルダーに変えてから、「列車とともに」や「鉄道ふぁんの旅日記」、「鉄道まつり巡り」、「F会の活動記録簿」などで検索すると、多くの検索サイトで上位にヒットするようになったんです。またこのブログも「列車とともに」で検索するとヒットします。

 検索サイトに表示される順位って何を基準に決められているのでしょうか?

 ちなみにYahoo!の「Yahoo!ブックマーク」で私のホームページ「列車とともに」が登録されている方がおひとりいらっしゃるようです。めちゃくちゃ感激です!!!

2007年7月13日 (金)

横浜開港記念みなと祭国際花火大会 中止!

7月15日に開催予定の「横浜開港記念みなと祭国際花火大会」が中止になったそうです。

http://www.yokohama-cci.or.jp/

天気予報によると花火大会が始まるPM7:30頃ちょうど台風が最接近。当日中止の場合は翌日に延期する予定でしたが、翌日も雨が残るということで今年の花火大会は中止が決定。大会本部の決断は当然といえば当然ですが残念です。

先週の弁天島海開き花火大会も雨が心配されましたし、今年の隅田川花火大会も万一、当日荒天で中止の場合は翌日、参議院選挙のため延期はしないなど、今年の花火大会は天気に翻弄されそうな予感です。

もうひとつ、残念なことが。今年は8月3日に休暇をとって4年ぶりに「長岡まつり花火大会」に行こうと思っていましたが、帰りの夜行列車の予約を失念。11日になってそのことに気づき、あわてて「みどりの窓口」に行ってみるもすでに満席。この夜行列車(ムーンライトえちご)は旅行会社がパックを組んでいるため、おそらく多くは旅行会社に押さえられていると思われキャンセルの発生は絶望的。でもダメ元でキャンセル待ちを頼んできました。

他に長岡からの帰宅の手段は、夜行バスやマック難民になって翌日帰宅という方法もありますが、前者は代金が若干高め、後者はこの年齢になるとちょっと抵抗がある。さて、どうしたものか…

2007年7月10日 (火)

弁天島海開き花火大会「こぼれ話」

 本来、ホームページと連動した内容を書こうと思いこのブログを立ち上げたのですが、これまではあまり関係のない話題ばかり。やっと本来の目的である内容を書けそうです。

 さて、今回は私のホームページに7月9日アップした「名物花火を見に行く旅~弁天島海開き花火大会編~」のこぼれ話をご紹介。

 ホームページやこれまでのブログでも書きましたが、天気予報が雨でしたので一度は諦めていましたが、天候回復により急遽出発することになりました。よって下調べもせず着の身着のまま自宅をAM11:00前に出発。

Img_0479  まずは、小田急線の新宿駅から11:41発の急行に乗り新松田に13:04に到着。新松田駅を降りると目の前にあるJR東海御殿場線の松田駅へ向かいます。。松田駅で「休日乗り放題きっぷ」を購入。この休日乗り放題きっぷは東海道本線の熱海~豊橋と御殿場線、身延線全線が土・日・祝日に1日乗り放題となるトクトクきっぷです。購入できる場所はフリー区間内のみ(国府津、甲府駅では購入不可)なので注意。

 さて、休日乗り放題きっぷを購入し、次の列車の出発時刻を見てみると14:17! なに? 次の列車まで1時間以上あるの? 事前の下調べをしていなかったからだね。だからといって特にすることもなくホームのベンチに座りボケ~ッと過ごします。

 そして14:17発の沼津行の列車が到着。はたして花火会場の弁天島駅には何時に到着するのかな? と思いつつ列車に揺られ沼津に15:29に到着。沼津発15:39の島田駅行きに乗車し、島田駅に17:06に到着。さらに17:15発の列車に乗りかえ浜松に17:59に到着。浜松駅のホームは長蛇の列。弁天島方面へ行く電車が入線してくると一気に乗客が車内になだれ込みラッシュ並みの大混雑。私の立つ横のカップルの微笑ましい会話を聞きながら弁天島駅に18:23に到着しました。

 以下、カップルの微笑ましい会話

女)すっご~い、めっちゃ混んでるねぇ~

男)東京のラッシュはもっとすごいらしいぜぇ~

(このふたり、横で東京の人間が聞いているとはこれっぽっちも思っていないんだろうな)

 肝心の花火は19:30~20:50の間に約3,000発。都内の花火大会では同じ時間内に3~4倍の打上数がありますが、この花火大会は打ち上げの合間に放送で逐一花火の大きさ、玉数、スポンサーが紹介されており、決して中だるみするものではありませんでした。花火大会は打ち上げ数、玉の大きさのみだけで決まるわけではないことを改めて知らされました。

 帰りは弁天島駅を21:02発の臨時列車に乗り浜松へ。帰りは浜松駅にも停車する夜行快速「ムーンライトながら」を利用。ただし私はそのまま静岡方面の列車に乗車します。なぜなら本日中であれば「休日乗り放題きっぷ」で乗り放題。できるだけ東京方面に近づけばそれだけ翌日の乗車券が安くなる寸法。たとえば浜松からムーンライトながらに乗車すれば、浜松~東京の乗車券が3,760円であるのに対し、本日中に沼津まで行ければ翌日は沼津~東京の乗車券2,210円で済むんですね。

 浜松駅を21:24発の三島行きに乗り沼津駅のひとつ前の「片浜駅」で下車(23:29着)。なぜ沼津駅まで行かないのかというと、片浜駅近くに24時間営業のマクドナルドがあるため。ついでに、なぜマックに行くのかというと、ムーンライトながらの沼津発は3:19なのでどこかで時間をつぶす必要がある。そこで目をつけたのが24時間営業のマックでした。ちなみに沼津駅周辺は24時間営業のマックはないんですね。

 片浜駅から約15分歩いて無事マクドナルドに到着。あらかじめ知り合いからいただいたコーヒー無料券とビックマック150円のクーポン券があったためこれを利用。おなかも減っていたのでビックマックはものの数分で完食。さてと、早くもヒマになってしまった。仕方がなく三角マンゴーパイを追加購入し、本を読みながらダラダラとマックで1時間半ほど時間をつぶしました。結局私がマックにいた間に何人か客が来ましたが、みんな持ち帰りorドライブスルーであり、さながら店内を独り占め状態。プチマック難民になった気分。でも今のボクではマックで夜を明かすことはできそうにないなぁと感じました。

Img_0480  マックにあまり長い間居座っても仕方がないのでAM1:40に出発。ボクが店をあとにしたあと、店員たちは「うちの店にもマック難民が来たよ~」なんて話しているのかなと思いつつ夜道をゆっくり、ゆっくりと歩き沼津駅へ向かいます。沼津駅までの約3kmの道を45分かけて移動。沼津駅到着はAM2:20でした。途中、十数台の車とすれ違い、駅前を除くと徒歩・自転車と2人ほど連れ違いましたが、相手は私のことをどう感じたのでしょうか?

 沼津駅のホームに入ろうとしたらAM2:40までは改札を閉鎖とのこと。駅前には暴走族風の若者もいたし、ホームを勝手に使われないようにするための措置なのでしょうか。

 AM2:40が過ぎ改札を済ませホームへ進むとベンチで寝ているオヤジを数名発見。こんな所にも終電を乗り過ごして駅で一夜を明かす人がいるんですね。程なくムーンライトながらが入線し、乗車。東京を目指します。

…といいながら私は小田原で下車(AM3:53)。なぜ小田原で下車したかというとここから小田急線に乗り換えるため。沼津~東京の乗車券は2,210円ですが、小田原で小田急線に乗り換えると沼津~新宿が1,590円となります。小田急線の小田原始発列車はAM4:53ですのでここでも1時間の待ち合わせがあるのですが、今回は徹底的に安い方法を追求することとしました。このようなルートで行かないと鉄道オタクとは呼べないし、ブログで書いても話題にはなりませんな(^_^;)

 さて、平成19年名物花火を見に行く旅第一弾となった「弁天島海開き花火大会」。第二弾、第三弾はあるのでしょうか?

2007年7月 8日 (日)

ホームページ更新しました&弁天島花火大会訪問

本日、マイホームページ「列車とともに」を更新しました。

『F会の開催記録簿』に「棒ノ嶺ハイキング」を追加しました。よろしければご覧ください。

http://taka110.in.coocan.jp/bounorei.htm

 

もうひとつ、先日のブログで「弁天島花火大会観覧を断念」とおはなしさせていただきましたが、当日の天気予報をみて急遽訪問することとしました。こちらについても準備でき次第アップしていきたいと考えておりますので、もう少しお待ちください(待っている人がいるかどうかは別ですが…(^_^;))

2007年7月 5日 (木)

断念! 弁天島海開き花火大会

 先日の【弁天島海開き花火大会観覧計画】でお知らせしていました弁天島花火大会ですが、天気予報が雨のため断念することにしました。花火の他に観光の予定があれば行ってもいいのですが、今回の目的は花火のみ。しかも私のHPでもたびたび書いていますが、私は天性の「雨男!」。ただでさえ天気予報が雨であることに加え、わたしが行くことによって「だめ押し」する必要はありませんよね。

 今年の梅雨はカラ梅雨といわれているのに、よりによって「この時期、この場所で」と思いますが、恵みの雨となり少しでも水不足が解消することを願うのみです。

 弁天島花火大会に行く予定の方…。もしかしたら、私が行かないことで雨が降らずに花火鑑賞できるかもしれませんよ(^_^;)

 次回の花火大会観覧予定は7月15日に開催予定の「横浜開港記念みなと祭花火大会」

2007年7月 1日 (日)

ホームページソフトについて

Img_0388 『列車とともに「こぼれ話」』という表題をつけているのに、全然「列車とともに」に関する話題を書いていませんね。…ということで、今回はホームページ関連のお話し。

 今年の4月アップ分からホームページの見栄えが変わったことに気づかれた方はいらっしゃいますか? 

実はホームページ作成ソフトを「ホームページビルダー」に変えました。これまでは「ホームページ制作王」っていうソフトを使ってホームページを作成していたんです。別にこれまで使用していたソフトに不満があったわけではないのですが、某ソフトメーカーがホームページビルダーの半額セールを実施していたので購入。ホームページビルダーは圧倒的シェアを誇るホームページ作成ソフトですし、「知っておいて損はないな」ということで変更した次第です。

 

 せっかくホームページの話題を持ち出しましたので、私のホームページを作成するスタンスについて少々ご紹介を。

 初めの頃は作成するページごとに壁紙を変えたり、写真や文書の配置を変えたり、ワンパターンにならないように心がけていました。

 ところが先日自分のホームページを再度見直してみると、非常に見づらいことに気づきました。写真や文章の配置をまちまちにしていたこと、壁紙をページごとに変えたことで統一感が全くないホームページとなっていたんですね。

 どのページも写真や文書の配置、壁紙を同じようにすることは決して悪いことではないんですよね。逆に統一感を持たせることで「これは自分のホームページだ!」っていう主張にもなる。ワンパターンは悪いことではないのだ。

 ここ1年くらいにアップしたホームページはその辺も考えつつ作成しているんですが、さて、みなさんは私のホームページをご覧になってどう思われますか?

 ホームページ作成ソフトを変更したことで、これまで作成・アップしたページも改めて作成し直そうかなと考えていますが、実際にやってみるとこれが意外に時間がかかることに気づきました。ホームページを作成・開設してから約7年。飽きっぽい性格の私にしては良く続いたものだと自分ながらに感心しています。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »