2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

弁天島海開き花火大会観覧計画

 6月2日の横浜開港祭花火大会で幕を開けた平成19年の花火大会行脚。次に東京周辺で開催される花火大会は7月15日(日)の「横浜開港記念みなと祭国際花火大会」ですが、その1週間前の7月7日に浜松で花火大会があることを知りました。

 ネットで色々調べてみると打上数は約3,000発と決して多くはないのですが、二尺玉の打上やスターマインもなかなかとの情報。しかも浜松は浴衣の日本一の産地で浴衣率も高い(?)らしい。目の保養にもなるが、ひとりぽっちの私はいつもより余計に寂しい気持ちになるのかな?

 行ってはみたいがとにかく浜松は遠い。7月7日といえば梅雨真っ最中。へたに宿泊施設を予約して雨で中止だったら目も当てられんし…。

 まだ行くかどうか決めていませんが、もし行くとなった場合の旅行程は以下のとおり。

新宿-(小田急線)-新松田-(徒歩)-松田-(御殿場線)-沼津-(東海道線)-弁天島-(花火鑑賞)

花火見物後-弁天島-(東海道線)-豊橋-(夜行バス)-新宿

 旅行代金は小田急線が750円。松田~豊橋は通常3,890円ですが、JR東海が販売している「休日乗り放題きっぷ」を使えば2,600円。そして夜行バスは3,200円で計6,550円の旅となります。

夜行バスは事前予約が必要なので、どの時点で観覧を決行するかの見極めが難しい。

さて、この計画は実現するのでしょうか?

 

 ところで、帰りの夜行バス。最近話題(なのかな?)の格安ツアーバス業界で急成長中の「WILLER EXPRESS」社という会社が運営しているもの。豊橋~新宿をJRを利用すると4,940円、JRバスで3,770円(昼行便)なので、いかに格安かであるかがお分かりかと思います。

 先日NHKを見ていたら、格安ツアーバスに関する番組が放送されていて、実際にバスを運行するのは「WILLER EXPRESS」社から委託を受けた中小バス会社であり、バスの運転手の長時間の運転を強いられ、かなりキツい労働環境だとか。

 2月に大阪でスキーバスが事故を起こしたのも(このバス「WILLER EXPRESS」社とは関係ありませんので、念のため)、過労が事故原因のひとつと言われているだけに、少々割高でも「お金で安全を買う」と考えるべきなのか。…とは言うものの、「自分が乗る1回くらいは大丈夫だろう」と考える方も(私を含め)多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

2007年6月24日 (日)

ブログ始めました

 このたび冷やし中華始めました「ブログ」を始めました。

…とはいえ何を書けばよいのやら…。なんせ薄~い人生送ってますからねぇ。

 ひとまず私のHP、「列車とともに」で公開している内容について、HPでは書ききれなかった「こぼれ話」を書き込んでいこうかと考えています。

 他に私が普段思っていること、普段の生活について思うがままに書き込んで行く予定です。

 さてさて、見切り発車の「列車とともに こぼれ話」。末永くよろしくお願いいたします。

トップページ | 2007年7月 »